Menu

転職回数が多くても好印象になる理由

転職の理由は人それぞれですが、転職回数が増えると履歴書で悪印象を抱きやすくなり、結果として面接で突っ込んだ質問をされる問題がよくあります。人材を採用する会社側から見れば、転職回数が多い人は根気がないため、すぐに仕事を辞められるかもしれないと思ったり、飽きっぽい性格なのかと疑ったりしてしまうのです。そのため、転職回数が増えるに従って、転職の成功率が低くなってしまう可能性があります。

しかし、転職回数が多くても履歴書や面接で好印象を持ってもらうことは可能です。そこで、転職回数が多いことを逆に自己アピールに変えるためのポイントがあります。それは転職の理由をスキルアップのためや新しい職種への挑戦など、前向きな理由にすることです。具体的な例として、事務員の仕事で何回も転職を重ねている人が単に転職を繰り返すと、雇用側に不信感を持たれるでしょう。ですが、パソコンスキルを磨きたい、簿記の経験を積みたいなどの理由をつけることで、一転して向上心が高い人と評価してもらえるのです。

全くの未経験の職種に転職する場合は、今までの経験を活かして新しいことに挑戦したいという転職理由にすると、やる気がある人と判断してもらえます。

実際には、人間関係に嫌気が差していた、仕事内容が気に入らなかったといったことが転職理由の場合もあるかもしれません。ですが、意識して転職理由を前向きな理由にすることで、いつの間にか自分自身も本当に転職に前向きな気持ちになれるというメリットがあります。